【ExcelVBA】繰り返し処理(For~Next,Do~Loop)の使い方

今回はExcel VBAの繰り返し処理について紹介します。

For ~ Next

指定した要素までループする方法です。

Stepを指定することでインクリメントする増減数を指定できます。デフォルトは+1です。

途中でループを中断したい場合はExit For を指定します。

For Each ~ Next

配列をループしたい場合はFor Each ~ Next が利用できます。

Do While ~ Loop

指定した条件を満たしている間ループする方法です。条件にAND/ORを含むことができるためFor ~ Nextよりも利用できる幅は広いです。ただし条件を抜ける処理がないと無限ループになってしまうので注意が必要です。

同じ繰り返しで以下のような書き方あります。特に理由はありませんが私はこちらを使用することが多いです。

ループの終了条件を後ろに書くと、処理をした後に終了判定を行うことになりループ内の処理を必ず1回実行するようになります。

途中でループを中断したい場合はExit Do を指定します。

Do Until ~ Loop

指定した条件を満たすまでループする方法です。 Do While ~ Loopとは条件の意味合いが逆になるだけで使い方は基本的に同じです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です