【Excel VBA】ワークブックの操作(開く、保存、閉じる)

VBA

VBAでブックを操作する方法について紹介します。

1.ブックを開く


Workbooks.Open "Book.xlsx"

ブックを開くにはOpenメソッドを使います。第一引数には開くブックのファイルパスを指定してください。
上記の例では同じディレクトリにあるBook.xlsxを開きます。

    
Dim book As Workbook
    
Set book = Workbooks.Open("Book.xlsx")

上記のように開いたブックを変数に格納することもできます。

2.ブックを保存する


ActiveWorkbook.Save

ファイルを保存するにはSaveメソッドを使います。上記の例ではアクティブになったブックを保存する例です。他にも SaveAs 、 SaveCopyAs のメソッドが存在しますが、それはまた別途紹介します。

3.ブックを閉じる


Workbooks("Book.xlsx").Close

ブックを閉じるにはCloseメソッドを使います。上記の例では開いているBook.xlsx を閉じます。


Workbooks("Book.xlsx").Close (True)

上記のように第一引数にTrueを指定すると保存して閉じることもできます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です