【仮面ライダー】歴代でスピードが一番速いのは誰だ?

仮面ライダーのスペックにある「走力」
100mにかかる時間が基準になっていて、2足歩行の限界を超えたとんでもないライダーがたくさんいるので最近脳がマヒしてきたようです。今回は走力の単位を時速に変換してランキングにしたので、ライダーがどれくらい速いのかを改めて味わってみましょう。

走力の選出方法

各作品のTVシリーズで一番早いライダーを選出してランキングにしました。
昭和ライダーは走力のデータが見当たらないものが多いため除外しています。
またカブトシリーズにおいてはクロックアップというチート能力がありますが、これは時間を止めるに等しい能力であり今回は純粋に速さを競うため通常の走力を使います。

走力トップ3

トップ3を紹介します。

第3位 オーマジオウ

3位は「仮面ライダージオウ」より主人公ソウゴが最後に変身するオーマジオウです。オーマジオウは平成仮面ライダーの各最終フォームの中でもトップクラスのスペックを誇ります。気になる走力は100m=0.1秒となっており、これは時速にすると3,600kmになります。
音速が大体時速1,225kmと言われているのでその3倍近く速いことになりますね。さすが魔王、勝てる気がしません。

第2位 エグゼイドムテキゲーマー

2位は「仮面ライダーエグゼイド」より主人公の最終フォームであるエグゼイドムテキゲーマーです。こちらもムテキというだけあって先ほどのオーマジオウに劣らないチートスペックを持っています。
走力は100m=0.064秒(発光時)となっており、時速は5,625kmです。
速い戦闘機でもマッハ3ほど(およそ時速3,675km)なので、これを軽く超えています。まさにムテキの名にふさわしい速さとなっています。

第1位 ファイズアクセルフォーム

1位は「仮面ライダー555」よりファイズのフォームチェンジであるアクセルフォームとなりました。
このフォームの特徴は何と言ってもアクセルモードと呼ばれる10秒間だけ自分の動きを1000倍に加速させる能力です。仮面ライダーディケイドではカブトのクロックアップと互角の戦いを繰り広げました。
こちらもチート技ですがクロップアップとは違い単純に自分自身を加速するためこのランキングに選出しています。
走力は100m=0.0058秒で時速にするとなんと62,069kmになります。
地球1周が40,075kmなので、1周するのに1時間かからない計算になります。まぁ10秒という制約があるので不可能ではありますが。

各作品別の走力No1

最後に各作品の走力No1のライダーをご紹介します。

登場作品ライダー走力(100m)(秒)時速(km)備考
仮面ライダークウガクウガライジングアルティメット1360
仮面ライダーアギトアギトシャイニングフォーム490
仮面ライダー龍騎オーディン490
仮面ライダー555ファイズアクセルフォーム0.005862069アクセルモード発動時
仮面ライダー剣ギャレンジャックフォーム4.286
仮面ライダー響鬼装甲響鬼1360
仮面ライダーカブトカブトハイパーフォーム4.286
仮面ライダー電王電王ライナーフォーム3.5103
仮面ライダーキバダークキバ1.2300
仮面ライダーディケイドディエンドコンプリートフォーム3.5103
仮面ライダーWアクセルライアル0.271333マキシマムドライブ発動時
仮面ライダーオーズオーズラトラーターコンボ0.2221622
仮面ライダーフォーゼメテオストーム5.467
仮面ライダーウィザードウィザードオールドラゴン4.286
仮面ライダー鎧武龍玄ヨモツヘグリアームズ572
仮面ライダードライブドライブタイプフォーミュラ0.123000加速時
仮面ライダーゴーストゴーストムゲン魂3.3109
仮面ライダーエグゼイドエグゼイドムテキゲーマー0.0645625発光時
仮面ライダービルドエボルブラックホールフォーム0.7514
仮面ライダージオウオーマジオウ0.13600
仮面ライダーゼロワンゼロツー0.21800

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です