【Excel】Excelの起動オプション

Excelの起動オプションです。

内容はMicrosoft からの転載ですが、個人的に見やすいように加工しました。

オプション説明
ブックのパス | ファイル名Excel を起動し、指定されたファイルを開きます。excel.exe "c:\My Folder\book1.xlsx"
/r指定されたブックを読み取り専用で開きます。excel.exe /r "c:\My Folder\book1.xlsx"
/tExcel を起動し、指定されたファイルをテンプレートとして開きます。excel.exe /t "c:\My Folder\book_name.xlsx"
/n/t と同様に Excel を起動し、指定されたファイルをテンプレートとして開きます。excel.exe /n "c:\My Folder\book_name.xlsx"
/e
/embed
Excel が起動画面を表示せず、新しい空のブックも開かないようにします。excel.exe /e
/pフォルダーをアクティブな作業フォルダー (たとえば、[名前を指定して保存] ダイアログ ボックスで表示されるフォルダー) として指定します。excel.exe /p "c:\My Folder"
/s
/safemode
Excel または Microsoft Office がインストールされているディレクトリ内にある既定の XLStart フォルダーなどのスタートアップ ディレクトリ内に保存されているすべてのファイルが、強制的にスキップされるようにします。excel.exe /s
/m単一の XLM マクロ シートを含む新しいブックを作成します。excel.exe /m
/a progIDExcel を起動し、アドインの progID で指定されるオートメーション アドインを読み込みます。excel.exe /a MyProgId.MyProgID2.1
/xExcel の新しいインスタンスを (別プロセスで) 起動します。excel.exe /x "c:\My Folder\book1.xlsx"

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です